スポンサードリンク

背中 にきびについてカテゴリの記事一覧

背中 にきび

 背中にきびが以外とでき易いです。顔にできるにきびは気になっても、背中 にきびは顔と違って通常隠れていので目立たないし、本人も背中ににきびができていることが気付くことが遅れがちです。

 通常洋服に隠れているから気にならないと思ってても、そうはいかないことがあります。夏になれば海水浴に行き水着姿になったり、夏だけでなくてもスポーツクラブだと年中水着姿になる機会があります。そんな時、どうしても背中 にきびが気になります。

 また、女性であれば、一生一代の晴れ舞台で、背中を大きく開いたウェディングドレスを着たいということもあると思うので、そうなるとどうしても背中 にきびが気になるはずです。

 僕は20台半ば頃まで、すごく多くの背中にきびが出ました。男の僕でも、海水浴では気になりました。友達から「背中にオイルを塗ってあげようか」と言われ、背中 にきびが気になってたので断ったことがありました。

 その当時は、背中 にきびはどうしようもないものと諦めていましたが、今思うと背中 にきびを諦めるしかなかったんでしょうか。
 あの当時はなぜこんなに背中ににきびができるのか考えてみたこともあなかったし、特に対策もしていませんでした。
 今振り返ると、対策を考えちゃんとケアしていればもっと背中 にきびに対して悩まなかったと思います。

 このサイトでは、背中 にきびの原因、予防・治療等を解説していきます。

背中 にきびの原因

 背中のにきびに限らず、にきびが発生する流れを示すと次のようになります。
 
1)毛穴の中に皮脂が詰まる。
2)それをエサとしたアクネ菌が繁殖する。
3)それにより、皮膚が炎症反応を起こす。

 にきびとは皮膚の病気の一つなのです。

 アクネ菌は、皮膚の毛穴に必ず住んでいます。なので、誰にでもにきびの出来る可能性があります。ただ、にきびのよくできる人とできない人の違いは、皮脂の分泌量、毛穴が詰まり具合、アクネ菌を必要以上に毛穴の中で繁殖させてしまっているか否かの違いです。
 ただ、背中等ににきびができてしまっても、背中や、胸、首の周りはアクネ菌の絶対数が少ないので、治り易い部分でもあります。

 なぜ、背中はにきびが出易いのでしょうか。
 背中 にきび原因として、特に次の2つが挙げられます。

・背中はお風呂で洗いにくかったり、見えない部分なので、毛穴が詰まり易いために背中 にきびができ易い。
・背中は皮脂腺が多く汗をかき易いため、背中 にきびができ易い。

 また、お風呂で体を洗った後に髪を洗い、シャンプーやリンス、整髪料が混ざった流し水が背中に残り、これがより背中の毛穴をふさいでしまい、背中 にきびの原因になってることもあるようです。

背中のにきびの治療

 背中にきびができてしまったら、にきび治療方法として次の3種類があります

・西洋医学治療(皮膚科での背中のにきびを治療))
・東洋医学治療(漢方などて背中のにきびを治療)
・民間治療(家庭で行う背中のにきびを予防・治療)


 背中のにきびには日頃のケアも重要なので、家庭で行える背中のにきびの予防・治療としてどのようなものがあるか挙げてみます。

■背中を清潔に保つ
背中は皮脂分泌の多いので、背中のにきびには汗を溜めないよう努めなければなりません。汗が多い患部は細菌も繁殖し易く、つまり背中にきびになり易い環境です。

■入浴法の改善
体と髪を洗う順番を注意したりして、シャンプー等の洗い残しが背中に残らないようにしましょう。
入浴法等の改善だけで背中のにきびが治るケースは多いです。

■生活改善・食生活改善
睡眠を充分にとりホルモンバランスが崩れないようにしましょう。また、食事のバランスも注意しましょう。

■外的刺激から肌を守る
紫外線(UV)が肌に良くありません。肌(皮膚)の角化を促進することになりますので注意しましょう。


 なお、背中のにきびに限ったことではないですが、、にきびを大きくしてしまうとニキビ跡が残ってしまい易いので、早めの治療を心掛けたいです。