スポンサードリンク

背中のにきびの治療

 背中にきびができてしまったら、にきび治療方法として次の3種類があります

・西洋医学治療(皮膚科での背中のにきびを治療))
・東洋医学治療(漢方などて背中のにきびを治療)
・民間治療(家庭で行う背中のにきびを予防・治療)


 背中のにきびには日頃のケアも重要なので、家庭で行える背中のにきびの予防・治療としてどのようなものがあるか挙げてみます。

■背中を清潔に保つ
背中は皮脂分泌の多いので、背中のにきびには汗を溜めないよう努めなければなりません。汗が多い患部は細菌も繁殖し易く、つまり背中にきびになり易い環境です。

■入浴法の改善
体と髪を洗う順番を注意したりして、シャンプー等の洗い残しが背中に残らないようにしましょう。
入浴法等の改善だけで背中のにきびが治るケースは多いです。

■生活改善・食生活改善
睡眠を充分にとりホルモンバランスが崩れないようにしましょう。また、食事のバランスも注意しましょう。

■外的刺激から肌を守る
紫外線(UV)が肌に良くありません。肌(皮膚)の角化を促進することになりますので注意しましょう。


 なお、背中のにきびに限ったことではないですが、、にきびを大きくしてしまうとニキビ跡が残ってしまい易いので、早めの治療を心掛けたいです。